· 

コロナ関連 補助金・協力金・支援金 申請サイト

補助金

 持続化補助金 <低感染リスク型ビジネス枠>

 

 ◆地震関連 グループ補助金

支援金・協力金・一時金の違い

ダウンロード
事業復活支援金、協力金と一時支援金の違い.docx
Microsoft Word 28.5 KB

節税対策

助成金や給付金等により所得が出そうな方は、こちらをご覧ください。


 ◆事業復活支援金                     受付中 5月31日まで

 ◆月次支援金                                     受付を終了しました。

 ◆一時支援金                                                            受付を終了しました。

 持続化給付金 (法人200万、個人100万を限度に支給される制度)  受付を終了しました。

 ◆家賃支援給付金                                 受付を終了しました。

 

 福島県

 

<感染拡大防止協力金>

 ◆新型コロナ感染拡大協力金    第5弾 延長分      受付中 5月27日まで

 ◆新型コロナ感染拡大防止協力金  第5弾          受付を終了しました。

   令和4年1月27日から2月21日までの間、営業時間の短縮にご協力いただいていること。  

 ◆新型コロナ感染拡大協力金    第4弾 延長分      受付を終了しました。

 ◆新型コロナ感染拡大防止協力金  第4弾          受付を終了しました。

   令和3年8月8日から9月1日までの間、営業時間の短縮にご協力いただいていること。

 ◆新型コロナ感染拡大防止協力金  第3弾          受付を終了しました。

   令和3年5月15日から6月1日までの間、営業時間の短縮にご協力いただいていること。

 ◆新型コロナ感染拡大防止協力金    第2弾             受付を終了しました。

   令和3年2月8日から2月14日までの間、営業時間の短縮にご協力いただいていること。

 ◆新型コロナ感染拡大防止協力金    第1弾             受付を終了しました。

   令和3年1月15日から2月7日までの間、営業時間の短縮にご協力いただいていること。

 

 

<一時金>

 ◆売上の減少した中小事業者に対する一時金について 第4弾    受付中 5月20日まで

   不要不急の外出自粛等により令和4年1月又は2月の売上が過去3年のうち、いずれかの同月の売上と比較して30%以上減少したこと。

 ◆売上の減少した中小事業者に対する一時金について 第3弾    受付を終了しました。

   不要不急の外出自粛等により令和3年8月又は9月の売上が令和元年または令和2年の同月と比べて30%以上減少したこと。

 ◆売上の減少した中小事業者に対する一時金について 第2弾  受付を終了しました。

   不要不急の外出自粛等により令和3年5月の売上が令和元年または令和2年5月と比べて30%以上減少したこと。

 ◆ 売上の減少した中小事業者に対する一時金について   第1弾    受付を終了しました。

   不要不急の外出自粛等により令和3年1月又は2月の売上が、前年同月比で50%以上減少したこと。

 

 

 

福島市

 ◆福島市事業者営業継続 緊急支援給付金について      受付を終了しました。

  和2年12月または令和3年1月の売上高が、前年同月比30%以上減少している事業所が対象となります。

 ◆新型コロナ感染拡大防止協力金                受付を終了しました。

   緊急事態措置の期間のうち少なくとも令和2年12月28日から令和3年1月12日までの間、営業時間の短縮にご協力いただいていること。

 ◆飲食店営業継続給付金                 受付を終了しました。

   ・県の感染拡大防止協力金の対象外施設であり、持続化給付金の対象にならない事業所の中で、4月又は5月の売上が20%以上減少している事業者が対象。

 ◆福島市事業者営業継続支援給付金            受付を終了しました。

  ・国の持続化給付金及び福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止給付金の交付を受けておらず、かつこれらの要件に該当しないこと。

    ・福島市飲食店営業継続支援給付金の交付を受けていないこと。

    ・「新しい生活様式」への対応など感染症防止策に取り組んでいること。